新着情報一覧

Holiday notice[Fumon Garden]

2020.02.21

A bowl of Matcha tea and a piece of traditional japanese sweets are included in the 500 yen admission fee to enter Fumon Gerden.

Opening hours
Open: 10:00 am
Close: 16:00 pm(LO 15:30 pm)

Closed days
・February 10, 2020
・February 17, 2020
・March 1, 2020
・March 2, 2020
・March 9, 2020
・March 14, 2020
・March 16, 2020
・March 20, 2020
・March 28, 2020
・March 29, 2020
・March 30, 2020
・March 31, 2020

※Outside of the Fumon Garden : free(open year round)

普門園休園日(竹翠亭含む)日本語でのお知らせは、
下記の八事山文庫をご確認、若しくは、
代表電話までお問い合わせください。
http://www.koushoji.or.jp/yagotosanbunko/

お知らせ 日程変更・休講・普門園開園日

2020.02.20

▼普門園休園日変更
 令和2年2月24日 ⇒ 開館。お誘いあわせの上、どうぞご来寺ください。

▼休講
 令和2年3月10日 阿息観

法人・団体 新年初護摩祈祷会について

2020.02.04

法人・団体の新年初護摩祈祷会は
令和2年2月29日まで受付致しております。

護摩を勤め祈祷を致します。

祈祷料
護摩祈祷 30,000円より(参拝人数1〜20名まで)
大護摩祈祷 50,000円より(参拝人数1〜30名まで)
特別大護摩祈祷 100,000円より(参拝人数1〜100名まで)

お電話にて「法人・団体の初護摩祈祷希望」とご連絡ください。

申込受付 想耕茶会[桜花の席]

2020.01.22

普門園のしだれ桜が美しい季節。
満開の桜の下での野点席は、夢のようなひとときです。
桜餅を自分でつくり、おでかけ気分で席入りしていただきます。
興正寺ならではのお茶会をお楽しみください。

日 時 令和2年3月31日(火)
時 間 10時〜、11時30分〜、13時30分〜
場 所 興正寺 竹翠亭・普門園
茶 券 2,000円/1名・桜餅材料含む
申 込 1月31日(金)10時より開始
    来寺または電話052-832-2801(受付時間:10時〜16時)

寺報『八事山文庫』発行

2020.01.22

興正寺の法会・祭事・普門園拝観(竹翠亭含む)のご案内は
寺報『八事山文庫』にてご覧いただけます。

節分星祭・春季彼岸・盆・秋季彼岸のご案内時期に併せ、
年4回発行しております。
『八事山文庫』は興正寺創建以来、
歴代住職により書き留められてきた書物等の総称 八事文庫に由来します。

▼令和2年春号の誤記についてお詫びと訂正
 ページ内の著者名に誤りがございました。
 読者の皆様、ならびに関係者の皆様に
 ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
 下記の通り訂正させていただきます。
 <掲載箇所> 令和2年春号 2ページ下段2行目
  誤)奥田正三
 <訂正内容>
  正)奥田正造

▼定期購読のご案内
 発行毎にお送り致します。[送料無料]
 ご希望の場合は、納経所にてお申込み、
 若しくは、下記より、その旨をお知らせの上お問合せください。
 https://ws.formzu.net/fgen/S76950203/

興正寺月釜【令和2年】

2020.01.05

▼開山忌記念茶会
 3月14日(土)
 濃茶席 裏千家 神谷宗ちょう 
 薄茶席 裏千家 小塚宗康

 時間 10時〜15時(受付は9時より)
 茶券 二席 2,500円 
  
▼興正寺月釜
 4月18日(土) 志野流 蜂谷なをみ
 6月20日(土) 表千家 柴田紹和
 10月17日(土) 表千家 長谷川如隠
 12月19日(土) 宗徧流名古屋支部
 ※各日、興正寺担当の席とあわせ二席です

 時間 10時〜15時(受付は9時より)
 茶券 二席 1,500円 

毎月縁日のご案内

2020.01.04

毎月のご縁日を下記日程でのお勤めしております
申込等不要ですので、どうぞご参拝ください

毎月
5日 10時 大隨求明王 ― 於 西山本堂(境内露店あり)
8日 12時30分 大日如来 ― 於 大日堂
13日 10時 虚空蔵菩薩 ― 於 能満堂(境内露店あり)
15日 13時 阿弥陀如来 ― 於 東山本堂
18日 13時 観音堂 ― 於 観世音菩薩
21日 10時30分 弘法大師 ― 於 弘法堂(境内露店あり※興正寺マルシェ)
24日 13時 地蔵菩薩 ― 於 能満堂
28日 14時 不動明王 ― 於 不動護摩堂

境内案内図は下記にてご覧いただけます
http://www.koushoji.or.jp/visit/sansaku.html

申込受付 八事夢講座[尾張藩七代藩主 徳川宗春公を語り尽くす]

2020.01.04

日本近世文学、近世芸能研究者である安田文吉氏が
奇抜なパフォーマンスと任政(慈愛の政治)で
庶民に慕われた希代の為政者
尾張藩七代藩主 徳川宗春公を語り尽くします。
「芸どころ名古屋」の原点を今!!

第1回・2回は興正寺所蔵
宗春公ゆかりの掛軸も公開いたします。

▼講 師
 安田文吉氏(東海学園大学客員教授)
 名古屋市熱田区生まれ。
 幼少より、常磐津節や西川流日本舞踊などに親しみ、
 浄瑠璃や歌舞伎など伝統芸能を研究。
 大学で教鞭をとるほか、著書を多数刊行。
▼講座の内容
 第1回 6/19(水) 徳川宗春の誕生
 第2回 7/17(水) 徳川宗春の基本政策書「温知政要」
 第3回 8/21(水) 享元絵巻
 第4回 9/18(水) リフレッシュ政策と脱「街道の名古屋飛ばし」
 第5回 10/16(水) 享保名古屋の食文化
 第6回 11/20(水) 花火・夜芝居
 第7回 12/18(水) 東照宮祭(名古屋祭)
 令和2年=====
 第8回 1/15(水) 名古屋心中
 第9回 2/19(水) 歌舞伎のにぎわい
 第10回 3/18(水) 宗春生誕三百年
 第11回 4/15(水) ゆめのあと
 第12回 5/20(水) 宗春と名古屋

第1回・2回 ◆主催 八事山興正寺 / 名古屋市昭和区役所
第3回〜12回 ◆主催 八事山興正寺 / ◆後援 名古屋市昭和区役所

=====
開催日 :2019年6月19日〜2020年5月20日(月1回)
時 間 :受付13時〜
     講座13時半〜15時半(途中休憩あり)
受講料 :第1回・2回  無料/定員100名当日先着順
     第3回〜12回 1,000円/1回 ※予約優先
申込方法:納経所・WEB受付
     WEB受付は下記より
     https://ws.formzu.net/fgen/S88262278/

お知らせ 取材・掲載

2019.12.08

▼『一生に一度は参拝したい 全国のお寺めぐり』に掲載されました
著/文 渋谷申博
発行 ジー・ビー
ISBN 9784906993802
発売日 令和元年11月26日


▼ナゴヤパレット11月号・クラブナゴヤ12月号に掲載されました(令和元年11月)
秋の気配を感じる街散歩をいかがでしょうか。
お待ち申し上げております。

▼月刊「KELLY」9月号に掲載されました(令和元年8月)

▼「ようこそ名古屋へ暮らしの便利帳」に掲載されました(令和元年4月)
名古屋市へ転入された方へ配布される情報誌の、
昭和区のご紹介部分に掲載をいただきました。

発行 名古屋市

▼月刊「KELLY」5月号に掲載されました(令和元年3月)
月刊「KELLY」5月号の「BOYMEN LIFE」にて、
本田剛文くんが茶道を体験いただく場として、
興正寺の竹翠亭をご利用をいただき、掲載されました。

本田剛文くんのコメントも。
https://kelly-net.jp/enjoytoday/201903230603554932.html

竹翠亭のご案内

2019.11.08

竹翠亭(ちくすいてい)とは、
庭園を眺めながら、季節の移ろいを感じるひとときをお過ごし頂けます。
普門園拝観料 500円(竹翠亭での呈茶付)
       不定休/10時〜16時(入園15時30分まで)

休園日は下記の寺報「八事山文庫」でご確認ください。
ご希望の場合は定期購読(無料)もご利用いただけます。
http://www.koushoji.or.jp/yagotosanbunko/

=====

■各種教室のお知らせ
茶道のお点前の稽古ではなく、お茶室で安心して振舞うために知っておきたい基本や
最低限のマナーを身に付けるための教室や着付けなど各種教室を開催しております。
今までお茶の世界に縁がなかった方
少しお茶の稽古をしたことがある方
お茶室に座り、静かな時間を過ごしたいと思う方に是非お集まり頂きたいです。
教室は風情ある興正寺の茶室「想耕庵」で行ないます。
お茶室で共に過ごす時間から、それぞれの心の中の「和の世界」を広げてみませんか。
さらに四季の移り変わりを感じながらの阿息観、写経会も開講致します。
いずれの講座も、一回だけでも継続しての受講でも構いません。
どうぞお気軽にお申込みください。
詳しくは八事山文庫をご確認ください。
http://www.koushoji.or.jp/yagotosanbunko/
【お申込みはこちらから】まなびの講座
http://www.koushoji.or.jp/manabinokouza/


問合せ: 052-832-2801 竹翠亭まで
竹翠亭Facebook:https://www.facebook.com/chikusuitei

お知らせ 新講座開講/和文化体験 いけばな

2019.09.25

1回のみの体験受講も、継続しての受講も気軽にご参加いただける
「和文化体験 いけばな」を、
令和元年11月21日より新たに開講いたします。

花のあるくらしは、心もちをやわらかにしてくれます。
肩ひじはらず、季節の草花と向き合い、
その日出会った器に生ける。
花をいつくしみ生かす精神と基礎を学び、
日々を豊かにする体験をしてみませんか。

■講師
華道高野山講師 小林弘子、平野裕子

詳細確認・申込は下記ページの11月をご参照ください。
http://www.koushoji.or.jp/manabinokouza/

茶の湯体験など各種体験お問い合わせについて

2019.09.02

興正寺では、「仏教を伝える」「日本文化を伝える」体験を通し、
自身の心の豊かさに気づき、伝えることの大切さを体感していただけることを願い、
体験の場を設けています。


茶の湯・阿息観(瞑想)・写経など、
目的にあわせたオリジナル体験として、
興正寺の定期講座とは異なり、さまざまな目的に併せ、
体験内容を決めていきます。

・幼稚園から大学生までそれぞれの成長に応じた体験
・教育機関の校外学習の一環として
・子育て中のお母さんたちのほっと一息の非日常体験
・日本の企業精神に通じるおもてなしの心を汲み取る企業研修
・国内外ツアーのプログラムとして
など、お気軽にお声がけくださいませ。

お電話、もしくは、下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
https://ws.formzu.net/fgen/S76950203/

お知らせ 想い出写真募集中

2019.07.30

興正寺は、尾張徳川家の帰依を受け創建以来、祈り・供養の場所であるとともに、
自然豊かな「八事のお山」と親しまれ、さまざまな想いを刻む場でもあります。
そのような興正寺の魅力を、四季折々の表情を魅せる風景や心に残る写真を添えて
皆さまにお寄せいただきたいとの思いから、写真のご提供を募っております。
ご提供いただいた写真は、
興正寺の魅力をお伝えするため使用させていただく場合がございます。

写真撮影時期の新旧は問いません。
下記のフォームより、どうぞお送りくださいませ。
https://ws.formzu.net/fgen/S63453978/

お知らせ 墓経・墓清掃供花受付

2019.07.14

八事山興正寺境内に墓地(霊龕堂・圓照堂・佉羅陀浄苑を除く)をお持ちの方は、
「墓経」「清掃」「供花」のご依頼をいただけます。

「出かける予定が入りお盆明けには…」
「お仕事で休みが取れず…」「年末年始はきれいに…」と
お悩みの皆様に代わり
お参り・清掃・お花のお供えをさせていただきます。
※墓地の状況を確認させていただき、お見積りを出させていただきます。
 お見積りを確認いただきまして、ご依頼の有無を決定いただけます。

下記より、どうぞ、お気軽にご相談ください。
https://ws.formzu.net/fgen/S46243684/

お電話の場合は 052-832-2801 まで
※担当者不在の場合は折り返しのご連絡とさせていただきます。

お知らせ 甘味処「八琴庵」について

2019.02.04

檀信徒様はじめ、参詣の皆様に長年ご愛顧いただきました甘味処「八琴庵」につきまして、誠に申し訳ございませんが、平成31年2月5日をもちまして営業終了とさせていただきます。
これまでの皆様からのご支援を心より感謝申し上げます。

■日替わりランチチケットをお持ちの方へ
 ご返金を「普照殿 受付(9時〜17時)」にてご対応しております。
 恐れ入りますが、普照殿までお声がけください。
 ※[日替わりランチチケット]との引換返金となりますので、
  必ず、チケットをご持参ください。

お知らせ 講座のご案内とご予約方法

2018.12.13

興正寺ではお寺ならではの講座を開講しております。
各講座の詳細は下記よりご確認いただけます。
同ページより、ご予約もいただけます。

詳しくは八事山文庫をご確認ください。
http://www.koushoji.or.jp/yagotosanbunko/

【お申込みはこちらから】まなびの講座
http://www.koushoji.or.jp/manabinokouza/

↑ページ上部へ